So-net無料ブログ作成
検索選択

ユーリ!!! on ICE 9 (追記済) [アニメ]

あー、全裸寒いわー。

さて。

9話目でした。

あと3話しかないんだけどどうしよう。

この終わりに向かって行く感じがとてつもなく寂しい。

もう、ね。アレですわ。私が間違ってたよ。

すんません間違ってました。

この二人は依存関係なんかじゃなかったよ。

名前のない、形のない、なんか名状し難い関係でしかないんだよね。

んで。追記します。

とっとと書かないと次が来てしまう。

大方の予想から外れる展開となりました9話でしたが。

でもよく考えたらちっとも予想外じゃなかったんですけどね。

ここ数日ユーリ!!! on ICEの事ばっかり考えてて大変しんどい。

しんどいので全部吐き出してしまいたいんだけど、観る度に違う意見が湧き出てきてこれまで書き溜めてた

記事全部没になる始末。

で、なんだっけ。9話ね。

7話であんだけ大騒ぎしたにもかかわらず、ヴィクトル氏不在FS。

ユリオは突然デレるわ、JJは相変わらずうるさいわで色々ありましたが。

が、ラスト5分で全部吹っ飛んで、ひどく記憶が曖昧になりました。

JJが薄まるラストインパクト

最高か。

ミケーレ兄妹が勇利・ヴィクトルの対比として表現されていました。

「愛がなくても私は滑るし彼氏も作る」サーラに対して、

愛(ヴィクトル)が(い)なくて滑れない勇利。

それと、サーラとの思い出を回想しながら手を離し滑りきるミケーレ。

ホントにね。7話程精神状態は悪くなかったんですけどね。

でもね。勇利がヴィクトルいなくて滑れないのって、実はヴィクトルのせいだったりするんですよね。

だって5話で言ってたもんね。

「俺を全力で誘惑しろ」ってね。指導してたよね。

いやー。この↑字面のインパクト半端ねーわ。書いててにやけてきましたよ。

全力で、誘惑しろ、だって。全力で。誘惑。

だもんだから、ずっと勇利はヴィクトルのためだけに滑ってるんですよね。

たった一人のためだけに。

まあ、試合中に傍にいない想定なんてしてなかったんだろうけどねー。

勇利にとってはヴィクトルは神様のような存在だったわけだから、これはあれですかね。

奉納舞とか、神楽とかなんですかね。勇利は巫女さんなんですかね。

とりあえず、『エロス』の方は、カツ丼→美女→自分と移行させることに成功してるのに。

対象はヴィクトルのままだったけど、『エロス』は誰かへの愛な訳だから、『誰か』よりは『ヴィクトル』

を対象にした方がイメージを掴みやすいからそのままにしたんだろうけど。

思うけど。どっかでシフトチェンジするべきだったんじゃないんですかねーヴィクトルさんよ。

ああ、そうか。自分の為だけに滑ってくれるなんて。

嬉しくなっちゃったのかな。もしかして。で、そのままにしてしまった。

という妄想が頭を過りましたよー。

ヴィクトルのスタイルとは真逆なんですけどね。これ。

今一つ真意が見えないヴィクトルさん。10話で何か話すんでしょうか?


nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。