So-net無料ブログ作成
検索選択

アルドノア・ゼロ 24(最終回) その3 [アニメ]

近所にカラスが巣作り始めましたよこんにちは。

やっと桜が咲き始めました。が、帰りに見たら、日中一気に開花したみたいで、もう6分咲きぐらい

になってました。

早いよ桜。

ところで親父殿がいつになっても帰ってこないと思ったら、旅行に行っていやがりました!!

なんか言ってから行けYO-!!

狭い家の中ちょっと探して回ってしまったじゃないかーい。どっかでひっそり倒れてやしないかってさ

ー。

 

 

ちょっと日があいたからどこまで書いたか忘れてしまいました。

えーとライエか。

ライエはもう一人の主人公かっていう人物でした。実際、ナレーションしてたし、そうなんでしょうけど。

細かく内面が描かれてました。最初は暗殺実行犯の娘という、地球側の切り札的な存在かと思った

んですが。罪悪感と憎しみから暴走したりしましたが、最後まで艦を離れず戦う選択をしたのは、せ

めてもの罪滅ぼしと居場所を守るためだったのかな。

居場所がなかった彼女が得たのが戦場ってのは皮肉といえばいいのか自業自得なのか。

スレインとは逆の立場でしたが、最後も逆でした。

先輩二人はメガネの方が時々面白かったです。メガネの方というか、メガネの一言が。というかメガ

ネが。

最後は萌え袖野郎こと伊奈帆。

最初から最後まで一貫して自分の内面を殆ど喋らない人物でした。

最初から最後までオレンジでした。そして、最初から最後まで強かった。

感情が薄いので何を考えてるのか推測するのが難しかったです。

伊奈帆がこうなのが何かきっかけがあってそうなったっていうんじゃなくて、生まれつきらしいんです

が。ヘブンズフォール以降そうなったと言われた方が皆納得したかもなと思ったりしましたが、それじ

ゃ悲惨な生い立ちの主人公が復讐する話になってしまうから、それじゃあ駄目だったんだろうなと思

ったり思わなかったり。それだと別の話になってしまうし。なかなか難しいキャラでした。

でも私は物凄く好きだったので、主に伊奈帆中心で観てました。

感情に興味がない、旨の発言をしているように、感情のままに行動することがありませんでした。

ずっと理性的。冷静かつ合理的。

スレインが感情的に行動するので真逆同士でした。

24話観ながら、こいつら同じ方向向いていける筈だったのにどこでこうなった、とか思ってました。

伊奈帆さん、最後に左目はずして眼帯で出てきた時、なんかタモさん思い出しちゃって、吹き出しちま

いました。すまん、マジスマンイナホさん。初期のタモさんて、ああいう眼帯してたよね確か。

後は、アセイラム姫か。無茶振り女王。

伊奈帆に最後にしたお願いがね、スレイン関係かな、とその時は思ったものの、伊奈帆がスレインの

こと知ってるってなんで姫が知ってるんだ、とか、地球を侵略中の主犯になんかしてやる義理なんか

伊奈帆にはないんだしそんなことまさか頼まないよなーHAHAHAとか思ってたのですが。

ホントに救ってだったとか姫無茶言い過ぎですやん。

他に頼める人がいなかったってのが一番の理由なのかと思うけど。自分の一部の人だから、分かっ

てくれると思ったのかな。自分が何を望んでるのかを。

まあ、一国の代表になったら個人、しかも戦犯の処遇なんかに口出しは出来ないだろうし、意を汲ん

でくれるであろう伊奈帆に託したっていうことになるのかな。そういや姫、女王になっても衣装一緒で

したね。

エデルリッゾは、最初疑って観てました。暗殺側の人間ちゃうんかってね。

でも最後まで姫の味方でした。

あんなに1話ではスレインのこと睨みつけてたのに、終わりごろには擁護するような発言をするまで

に変化してました。まあ行動の正否は分かりませんとか言ってたけど。

デューカリオンでの生活が多少は影響をもたらしたのかなーっと。

最後は侍女頭にでもなったのかな。

 私は、この話は最初は1期でスレインが姫との会話内で出てきてた、努力すれば自然との共存は

可能という方へ、つまり火星と地球も努力すれば共存できる、という方向へ持っていくのだと思ってま

した。でも2期になったらスレインが暴走してどうやってもそうはなりそうになくなってきたので、今度は

伊奈帆が1期最後に姫に言ってたアレ、戦争はどうやったら終わるのかの回答の、目的が達成され

たら、あるいは利益に見合わない損害を被ったら、という終わりになるのかと思ってたのに。最後に

姫に力業で背負い投げ食らわされたような、息を詰めながら天井を見上げてるような気分に。

姫の立場で持つ力を最も効率よく発揮する方法を選択したらこうなったってことですか。

 


nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。