So-net無料ブログ作成
検索選択

アルドノア・ゼロ 11 [アニメ]

さて。11話です。残すところあと一話。

もりあがってーまいりましたー。

そういえば、何かが『草不可避』と似てるなーとずーっと思ってたんだけど、やっと分かりましたよ。

『アヘウヒハ』と似てるんだ。語感が。アヘウヒハ~。

あれ、これどっかで言ったかな。

 

来ちゃったよ、ジャイアントカプリコ。な11話。

所々、3話あたりと似た展開が見られた。ような印象をうけました。

例えばアセイラム姫。

3話では手伝いを申し出る場面で、カームに中二病?と言われてしまうような浮世離れした感がまだ

ありましたが、11話では決意を決めた表情を見せていたし。

援護するライエにしても、エデルリッゾにしても、心境の変化あるいは成長が見えた、ような気がしま

したよ。

イナホさんのユキ姉付箋とかね。

 

で、11話。

アセイラム姫の声明で所在を特定したザーツバルムは、揚陸城を地球連合本部へ目がけて降下さ

せる。

容赦ない攻撃に破壊されていく本部基地。

攻撃にさらされながら、姫は我が身の無力さを悟る。

姫の提案からイナホはある作戦を立案する。

姫を乗せて基地から脱出する戦艦デューカリオン。

戦艦は攻撃を避け、高度2万メートル、成層圏まで上昇しカタフラクトによる戦闘降下。

揚陸城へ直接乗り込み、姫によるアルドノアドライブの強制停止を目指す。

 

が。

終了2分前に来ちゃったあー。ザーツ卿おおおお。

攻撃を受けてデューカリオンが落ちていくー。

観ながら変な声が出てしまいました。

 

今回のイナホさん。

作戦立案イナホさん。作戦実行イナホさん他。

無茶する弟が心配なユキ姉と言い争いに。→それでも立案通って決行。

姫の存在が政治的な力にならないなら、戦術的に力があるならそっちを使うべき→言い方直球す

ぎ。

3話のユキ姉の付箋をお守りのように大事に持ってたイナホさん。

やっぱりオレンジで出るイナホさん。→それでもやっぱりやたらと強いイナホさん。

ひたすら戦闘時かっこいいイナホさん。

でした。

ところで、揚陸城って、なにかに似てると思ってたんですが、アレでした。

ハエトリグサ。それと極楽鳥花。

閉じてる時はジャイアントカプリコ。

気になったところといえば、アレですね。

全視聴者からツッコミの嵐を受けたであろうマスタング3-3さん。

あたっとるやんか!合掌ぉ!

鞠戸大尉がお仕事した!やった!

艦長がちょっと笑って見てたよ。あの大尉の恥ずかしいDVDの効果がちょっとはあったってことか

な。なら、大画面で号泣シーン見られた甲斐があったってもんだよね。

 

今回のスレインくん。

「アセイラム姫・・・」

「あれは、あの時の・・・」

ふたことしかしゃべらなかったよ。(アバン除く)

出遅れたスレインくん。

きっと、ザーツ卿の昔話聞いて、ザーツ卿の言うことも分かるし、命助けられた恩もあるし、でも姫は

殺してほしくないし、とかぐるぐる考えてて、ああなったんだろうな。

甘い、甘いぞスレイン。もう次週で最後なのに、戦場うろうろするだけで終わっちゃうぞー。

 

次は12話。クール最終話です。

楽しみすぎて吐きそうですよ。

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。