So-net無料ブログ作成
検索選択

アルノドア・ゼロ 3 [アニメ]

最近涼しいですね。

お陰で気持ちよく眠れます。

早く冬になーれー。 

それでは昨日の続きです。やっと3話目だー。

早くしないと次が始まってしまうよう。

今回のイナホさん。

 

 

トイレにユキ姉乱入。→「はいってます」

個室で作戦立案中。→行動はいつも臨機応変に。戦う。今がその時。

情報を収集し、分析。仮説から作戦を立てる。→作戦決行は明朝。

学生3人(イナホ・インコ・カーム)と、手伝いを申し出た2人。イナホを投げ飛ばした子→中二病。

ユキ姉が助けた子→短パン

朝。ユキ姉に手をあげて挨拶。→キノコ狩りの始まりだ。

煙幕をはりながら移動。→ダンゴムシの足が止まる。

イナホ、カタフラクト起動。→姉の付箋をべりっと剥がす。

橋の上まで誘導された挙句、インコに橋を壊され海へ落下するダンゴムシ。

弱点を発見→撃破。

モニター越しにイナホ「火星の、プリンセス

 

夜の会話の「風邪ひかないでね」とか、死亡フラグヤメロとかハラハラしてしまいましたが、こちら側

は結局誰も死なずに良かったですよ。

イナホの頭の切れ具合とか、コイツの頭の中どうなってんの?と思ったり、見ごたえありました。

向こうの反則的な機体に比べて、コッチは訓練用の練習機だし。オレンジだし。

それでも戦略で戦力差を覆すイナホさん。お見事でした。

それはそうと、どうして中二病さんこと火星の王女さんはイナホをぶん投げたんでしょうね。

不用意に男が近づいてきたら有無を言わさず投げ飛ばせ、とでも教わっていたんでしょうか?

スレインあたりに。

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。