So-net無料ブログ作成
検索選択

風立ちぬぬぬぬぬ [映画]

 ぬ という文字をずーっと見てるとホントにぬなのかなんなのか分からなくなるよね。

暑いですか。暑いですね。お久しぶりです。

そんなわけで映画・風立ちぬを観て参りました。

何とかデーで安かったんだ。

 

 

スタジオジブリの新作ですね。

評判どおり、何というか、「大人向け」でした。

え、18禁的な意味じゃなくてね。

試写会で、来てた子供が、飽きて走り回ってた、というのが分かりましたよ。

子供には意味分からんだろ、これ、という言葉やら、シーンやらがたくさん出てくるので。

私は特集番組とか見てたので、なんとか把握できましたけど。

これ ↑ のおかげで面白かった、と言えるかも。問題のあったシーンなんかが来る度にハラハラして

しまってね。

隣の席のお姉様(知らん人)は、最後は号泣されてましたが、お友達(知らん人)に意味分かった?と

問われて、分からん、とお答えでしたよ。ええ。

どっちかというと、年齢を重ねた層の人の方が、感動するのかも?とかちょっと思いましたよ。

当時の空気をご存知の方々が記憶が蘇ってきて。

あとはー、主人公の声が、あの監督さんですが、最初はえーと、・・・。うん、まあ本業じゃないしね。

最後の方になったらこっちの耳が慣れたのか、声の人が慣れてきたのか、違和感あまりなかったか

と。

 


nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。