So-net無料ブログ作成
検索選択

ぬらりひょんの孫 20巻 [漫画簡易感想]

なんと一ヶ月ぶりになってしまいましたよこんにちは。

ちょいと風邪ひいてました。

でも今回は、ゼナ→葛根湯→ゼナ→葛根湯→葛根湯で初期で封じ込めました。

でも、素直に病院行ってたほうが安かったかも。

ゼナ高いんだよね・・・。

 

 

【送料無料】ぬらりひょんの孫(20)

それでは気を取り直してぬら孫20巻です。

表紙は、鏡斎。と、周囲に九相図、後ろに滝夜叉姫。よく見ると、背景にリクオの姿

が。

で、巻と鳥居。なんか、いつもよりもカラフルな感じです。明るい緑色のせいでしょうかね。

表紙裏は、つららと羽衣狐のお守り。

内容は、前巻からの鬼ごっこ編続き。

 

次々と現れる山ン本の一部である幹部達。

街中は百物語組の放った妖怪であふれ、その危機にさらされる人々は件の予言を信じ、リクオへの

憎悪を募らせる。

大切なものを失いながら、それでも人々を、大事なすべてを守るために走るリクオ。

しかし、幹部の一人である狂画師・鏡斎の九相図による攻撃で絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

一方、清継は一人、リクオの無実を証明するべくついに立ち上がった。

今こそ彼 ↑ の存在の意味が、真価が問われる?!20巻。

 

清継の記憶が捏造されていますが。

そんなシーンありませんでしたよね。

 

リクオが変貌しました。いろんな意味で。

毛が伸びた!(シャンプー大変そう)

なんかチャラくなった!(ダレ、あんた?)

表情がちょっと豊かになった!(ちょっと初代っぽい?)

いや、2代目?まあ、いいか。ところで髪の毛長いとシャンプー大変なんですよね。(実体験)

 

*ヒロインつらら

やっぱり駆けつけてくれましたよ、リクオ。つららのピンチにドロドロになりながら。

そうこなくては。

主人公は颯爽と駆けつけてナンボです。

 

*~という妄想。

幕間でおまけのつららの妄想劇場。

もう一回やろうって、一人でヒマなんだなーつらら。

かわいいなーくそー。

 

*やっぱりか

一ツ目、苔姫に着物贈ってるそうですよ。

 

*河童の

ソレは皿じゃないでしょ。カリメロでしょ。

 

*リクオの服

妖怪変化だそうです。えー。

そこはもう、テイジンとかと奴良組の共同開発でいいじゃないですか。

超伸びる新素材ってことでさー。

 

ところで。空気のカナに、サブタイトルが付きました。(?)

『ブリッ娘』です。ブリッ娘って久しぶりに聞きましたよ。

それではまた次巻にて~!!

 


nice!(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0