So-net無料ブログ作成

ぬらりひょんの孫 千年魔京21話 『誕生』 [ぬらまきょ]

なんと。

「面白い恋人」が「白い恋人」に提訴されてしまいましたよ。こんにちは。

 

・・・まあ、それはさておき。

とうとう11月も終わりに差し掛かり、ぬらまきょももうすぐ終わりを迎えますが。

この調子なら最後までなんとかいけそうですよ。良かった良かった。

そんじゃー、参りましょうかー。

 

 

 

21話『誕生』

あらすじ:鬼道丸の進行の妨害、足止めにより、鵺はとうとう生まれてしまった。

喜びに沸く京妖怪。しかし、羽衣狐自身の言葉を聴いたリクオはあることに気がつく。

鵺は、今はまだ戦えない。再び勝機を見出したリクオ達だったが・・・。

 

若の目の前を素っ裸のおねーちゃん(狐)が通り過ぎて行きました。

破廉恥な。

 

*若が

黒を纏ってると、背中のエモノががしゃこーんて、ロボみたいな動きをするんですが。

破廉恥な。

 

*竜二さん

イキイキしてますよ。伊達に下駄履いてませんな。(え)

嘘でだまし討ちして、目をそらして隙をついて弱点を突く。いーなー。

見応えありました。最後に邪魔されたけど。

 

*変身狐

素っ裸から、着衣に変身。

黒き髪、黒き眼、黒き衣。

黒きパンツは言ってくれなかったよ。残念。破廉恥残念。

ところでなんでセーラー服なんですかね?狐さん気に入ってるのかな。

 

2代目からの側近達の、羽衣狐を見た時の反応が、え、アレ?な感じに変えられてました。

まあ、それが正しい反応かと思われますが。

ああ、父ちゃん(2代目)は(回想で)出てくるたんびに瀕死状態。切ない。

 

次回、『追憶の欠片』

もう22話ですよ。

それではまた来週~。

 

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。